homeガイア楽庵散骨について粉骨サービス問い合わせFAX

banner

いままでは、葬儀から埋葬、その後の供養まで「しきたり」によっておこなわれてきました。
しかし、最近になり家族構成や宗教的な考え、住居などの問題から一般的なお墓へ祀るということからお墓をもたない。さらに故人の遺志や宗教にとらわれないという考えが生まれ散骨という葬送がとられることが増えてきました。

散骨とは文字通り遺体火葬した後の焼骨を粉末状にした後、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいいます。

しかし日本においては法律により墓地・埋葬について細かく規定されており、
今までは墓地以外に埋葬するという行為はタブーとされてきました。
つまり散骨は違法行為と理解されていましたが、 それが1990年代に散骨は法の規制外という見解がなされ一挙に脚光をあびるようになりました。
だが現実には一部の地域においては農水産物や土地の価値への影響ありとして規制されている場合もあります。

いずれにしても散骨はマナーや法と秩序をまもり行うことで認められた行為なのです。

参考: 散骨 - Wikipedia


自然に帰る、土に帰る、自然の循環、自浄作用:移動式粉骨車

488-0826    愛知県尾張旭市大塚町1丁目6番地4
TEL 052-771-1445 ・ FAX 052-771-1121

社 明  ガイヤ楽庵事業部
http://www.meihou.jp

散骨・粉骨(パウダ-状)・訪問・出張・立会い・移動粉骨車